[パソコン作画編第12回]
ファイルへの書き出し・印刷etc.
 パソコン作画編もテクニック紹介は今回で最後になります。少々急ぎ足で解説してしまったので、わかりにくいところもあったかもしれません。ご容赦ください。最後に、新人コミック大賞に応募するためのファイル書きだしや原稿印刷について、そして作画ソフトの『Comic Studio』のラインナップの中でも、プロ作家さんが使う『Comic Studio EX 4.0』のスペシャルな機能についてもご紹介します。なお、今まで長らくおつきあいいただいたお礼に、このEX 4.0を読者の方に3本プレゼントします。

●デジタル原稿で新人コミック大賞に応募する

 新人コミック大賞にデジタル原稿で応募する場合の明確な規定はありませんが、

1)psdファイル形式で保存した原稿データをCD-RやDVD-Rに焼いたもの

2)B4サイズでプリントアウトした原稿


の2つを同封して応募いただければ、通常の審査と変わりなく審査されます。その他の応募のきまりはアナログ原稿の場合と同様です。

●ファイルをCD-RやDVD-Rに焼く

 デジタル作画が仕上がったら、データファイルとしてパソコンのハードディスクに保存しますが、応募するときは、郵送可能なメディアに保存しなければなりません。まずは、対応形式でファイルを保存します。
 これは書き出しを選択すると出てくる画面です。出力サイズは「等倍で出力」を選択します。拡大縮小や解像度を変えたりなどはしない方が良いでしょう。モアレが出たりする可能性があります。出力形式の種類はPhotoshopを選びます。印刷出版業界で最も利用される形式がpsd形式なのです。
 ハードディスクに保存したら、書き込みソフトを使い、原稿のデータファイルをCD-RやDVD-Rに書き込みます。郵送中に破損したりしないように、プラケースに納めてください。

●B4サイズでプリントアウトする

 一般の環境でハードルが高いのがこれです。A4サイズのプリンターを持っている人は多いのですが、B4はオフィスユースなので、自宅にある人は少ないでしょう。「なぜB4サイズで応募しなきゃいけないの? A4でも読めるならいいのでは...」と思う方もいるでしょうが、審査のときに原稿サイズが変わると、絵の印象もかわり、同一の条件での審査という原則が崩れてしまうのです。ともあれ、B4サイズで出力する方法としては……

1)B4プリンターを持っている友人や知人にお願いして出力してもらう

2)Kinko'sなどのビジネスショップで出力する

3)いったんA4でプリントアウトし、コンビニなどのコピー機でA4→B4の拡大コピーをする


 などでしょうか。一番手軽なのは1)ですが、まわりにB4プリンターを持っている人がいないと頼めません。2)は数千円のお金がかかりますので、最後の手段は3)です。拡大になりますから、若干絵はボケますが、A4→B4くらいなら、さほど気にならないと思います。

●『Comic Studio EX 4.0』とは?

 いままで解説のベースにしてきたのは『Comic Studio DEBUT』です。手軽で低価格なのですが、プロが使うには少々力不足です。この高機能版が『Comic Studio EX 4.0』です。ここでは、このEX 4.0ならではの機能をいくつか紹介してみたいと思います。
▲「パス」という機能を使って、曲線を描いてる画面です。ベジェ曲線定規やパース定規、放射線定規などマンガ作成に便利な定規ツールが豊富に入っています。
▲PowerToneの画面です。EXには通常のトーン以外にPowerToneのプラグインが入っていたり、量は多くはありませんが、MAXONなどのトーンメーカーのトーンが収録されているので、トーン表現の幅が広がります。
▲フィルタのサンプルです。EXはフィルタ変形や効果、線補正など、かなり多くのフィルタ機能があります。左は「階調の反転」、右は「渦巻き」のフィルタです。
▲コンビニで出力する場合の画面です。ニューバーの「ファイル」から「コンビニ出力用データのアップロード」を選ぶと出てくる画面です。EXはネットを通じてセブンイレブンのマルチコピー機で出力することが可能です。B4プリンターなどを持っていない人には便利な機能です。
▲EXにはさらに強力な描画支援機能の2DLTと3DLTという機能があります。左は写真画像を線とトーンで処理して、まんがの背景風にしてくれる2DLTという機能。右はEXに収録されている3Dデータを読み込んで画像を作成する3DLTという機能です。アングルを自由に変えることができます。

 さすがに最上位版だけあって、パソコン作画で欲しいと思う機能がほとんど入っています。これがあればプロユースにも耐えられます。ただし高機能すぎて、すぐに使いこなすのは大変です。最初から無理にEX 4.0を購入しなくても、デジタル作画を経験するだけなら、低価格のDEBUT版でいいでしょう。

▼アンケートに答えてプレゼントをもらおう!

 次回は番外編として、パソコン作画編連載中に寄せられた読者の方からの質問にお答えしたいと思います。お楽しみに!(8月4日(月)更新予定)
サンプルまんが作成 (C)十神 真
調べたい言葉を入力しよう!
(C) Shogakukan All rights reserved.