[パソコン作画編第7回]
ベタを塗る
 いよいよ実際の仕上げ過程に入っていきます。ベタ塗り→トーン貼り→ホワイト処理、と進んでいきますが、今回はベタ塗りについて解説していきます。基本はどのソフトも同じですが、今回もComic Studioを使ってみます。

●ベタ塗り前に線の太さを調整しておく

 ベタを塗る前に画線幅の調整をしておきましょう。最初にスキャナーで取り込んだ線画は場合によっては、イメージより太かったり、細かったりしますので、適正な線幅に修正します。
 取り込んだ線画のレイヤーのプロパティを開きます。右下の「閾値」の数値を増減させると線の幅が変わります。
 閾値を下げると、画面のように太く力強い線に、
 閾値を上げると、細くシャープな線になります。
 この値を調整して、気に入った線幅になるようにします。線幅はベタ塗り後でも変えられますが、塗った後に線を細くすると、下の画面のようにベタと線の間に白が出てしまいますから、なるべくベタ塗り前に線幅は調整しておいたほうがいいでしょう。

●ベタを塗る範囲を決めて塗りつぶす

 線幅の下準備が終わったら、ベタを塗っていきます。まずはベタ塗り専用のレイヤーを作ります。  次に、塗りつぶしたい範囲を決めるために、マジックワンドツールを選びます。ツールアイコンの中から魔法の杖みたいなアイコンを選び、塗りつぶしたいところでクリックします。
 塗りつぶしたい範囲が点線で囲まれます。
(点線部分をわかりやすく緑色で表示しました。実際には点で囲まれるだけで色は付きません。)
 メニューから「選択範囲を塗りつぶし」を選びます。
 塗りつぶす色(ここでは黒)を選びます。これでベタが塗られます。
 またComic Studioの最新版では、選択範囲を作成すると「選択範囲ランチャー」というバーが下に出てきます。ここから簡単に塗りつぶすこともできます。
 基本はこれの繰り返しです。失敗したり、ここはベタじゃない方が良かったというなら、手順を前に戻せますから、簡単にやり直しができます。最終的に右の画面のような形でベタ塗り完了となります。

 次回は「トーン処理」です。基本手順はベタ塗りと同様ですが、トーンならではの技なども紹介していきたいと思います。お楽しみに!(GWで1回お休みします。次回の更新は5月19日(月)の予定です)
サンプルまんが作成 (C)十神 真
調べたい言葉を入力しよう!
(C) Shogakukan All rights reserved.