[パソコン作画編第6回]
枠線をひく
 スキャナーで線画の取り込みが終わったら、まず枠線をひきます。パソコン作画なら、この枠線も自在に太さや間隔、サイズが変えられます。定規を使って平行・垂直をだす必要もありません。また、コマからはみだした線画を自動で消す設定にすることもできます。一度使うと、その便利さに驚かされます。では、具体的な手順を解説していきましょう(ソフトはComic Studioを使います)。

●枠線をひく手順

(1)枠線定規レイヤーをまず作ります。レイヤーウィンドウにある「定規」の横のボタンを押して作ります。レイヤーウィンドウの上部分にある「新規レイヤーの作成」ボタンか上のメニューバーの「レイヤー」から「新規レイヤーの作成」でも可能です。この枠線定規レイヤーで、まず「枠線の下書き」をします。
(2)ページ内側にある基本枠の所に青い太枠ができます。
(3)枠線定規レイヤーのプロパティです。ここで引くワク線の太さなどを設定できます。 (4)ツールボックスから「枠線定規カット」というツールを選択します。なお、ツールオプションから線の間隔などが設定できます。
(5)さくさくとコマを割ってる途中の画像です。
(6)コマを割った後です。四角で囲まれた「調整が必要な枠線」をこれから動かします。
(7)ツールボックスの「定規選択」ツールを選択。動かしたい線を選択しました。線が赤くなっています。
(8)選択した赤い線を移動させている画面です。そのすぐ左にある青いのが動かす前の位置です。
(9)タチキリにしたいときもまず定規選択ツールで移動したい線を選択します。ページの一番下の枠線をタチキリにしてみましょう。
(10)下の枠線を下げていきます。タチキリの場合、枠を完全に外に出さず画像のように原稿の内側にとどめ、描いた線画の所までしか下げません。線画がめいっぱい描かれてないのに枠線が外に出てると、枠と線画の間に空白が生まれてしまい、後々作業をするときに範囲選択がしづらくなってしまうからです。
(11)コマを割り、タチキリなどもできたら、枠線の下書きは終わりです。これから、青線で引かれた枠線を黒い実線にします。定規選択ツールで割ったコマをすべて選択します。画像のように線がすべて赤くなってる状態です。
(12)メニューバーの「レイヤー」から「レイヤーのラスタライズ」を選択します。右にあるレイヤーウィンドウの右上部分にある「メニュー表示」からもラスタライズができます(×マーク下のメモに三角矢印がくっついたようなマークの所です)。
(13)ラスタライズの前に、プロパティでも設定が可能です。コマを割るときに線幅の設定を説明しましたが、この段階で線幅を設定しても良いでしょう。
(14)黒い枠線が引かれたレイヤーができました。一応完成です。ただ、枠線の外(コマ間)は白く塗りつぶす設定になっているので、本来枠線からはみ出る「ドーン」などの描き文字が消えてしまっています。
(15)こちらは、枠線の外を白く塗りつぶさない設定にしたものです。これならば、描き文字は見えますが、余計な部分も出てしまいます。
(16)そこで、枠線の外にはみ出る描き文字だけを出してみます。
(17)枠線のレイヤーの不透明度を落とします。うっすらと枠線レイヤーとかぶってしまってる所が見えます。
(18)赤線の部分の枠線レイヤーに消しゴムをかけます。下のレイヤーにある「ドーン」の文字を出てきます。このあと、枠線レイヤーの不透明度を元に戻してやります。他にもやり方はありますが、これが一番わかりやすいやり方です。
 いかがでしたか? 手順とすれば一見面倒ですが、慣れると手描きにはもう戻れません。なお、今回はComic Studioを使用しました。枠線をひくことは当然Photoshopなどでもできますが、これほどの機能は他のソフトにはありません。

 さて次回は、ベタ塗りの手順を紹介してゆきます。お楽しみに!(4月21日(月)更新予定)
サンプルまんが作成 (C)十神 真
調べたい言葉を入力しよう!
(C) Shogakukan All rights reserved.