[初級編第10回]
フキダシの描き方・セリフの入れ方 その2
 今回は文字の指定や書体、そして描き文字について紹介します。また、ちょっと初級編からはずれてしまうかもしれませんが、写植(写真植字)についてもお話ししましょう。

●1)白く抜く文字・絵に
  重ねるセリフはこうする

 右のイラストのように、『バックがベタの絵にセリフを白く抜いて入れたい』、『背景のある絵にセリフを白くフチどって入れたい』、こんな時は、ちょっと変わった作業が必要です。

 指定には、トレーシング・ペーパーを使います。入れたいセリフが入るコマ全体をカバーするサイズに切って、原稿の端でテープを使い、とめます。トレーシング・ペーパーは半透明なので、下の絵が透けてみえます。文字を乗せたい部分に鉛筆でセリフを書き込んでいきます。
 下の写真を参考にしてください。これで実際に印刷されるときには印刷所で文字を反転して白く抜いたり、白いフチをつけてもらえます。

●2)かっこいい描き文字を描こう!

 写植で入れる文字は鉛筆で書きますが、背景などに入れる擬音などの文字は自分で描かないといけません。これを『描き文字』といいますが、スピード感あふれる背景にかっこいい描き文字は、さらなる迫力を与えてくれますし、ギャグシーンでのユニークな描き文字も必須ですね。ただこの描き文字、作家さんによって千差万別ですし、センスが問われるテクニックなので、ここでは注意点と基本テクニックの紹介にとどめます。

●雰囲気にあった描き文字を選ぶ

 基本というか、当たり前というか、そのシーンが持っている雰囲気にあわせて、描き文字の書体も変わってきます。右のイラスト(1)や(2)のように使い分ける必要があります。(3)のようにならないように(あえてねらうなら別ですけど…)。

●描き文字のフチを
 白くすると見やすくなる

 背景に埋もれてしまいそうな場合は、描き文字のまわりをホワイトで白くフチどると、見やすくなります。逆に文字を黒いフチで描いて、中を白く抜くこともあります。

●フキダシをやめて、
 描き文字にしてみる

 キャラクターのセリフもフキダシ&写植ではなく、描き文字にするとまた違った雰囲気になります。どちらが正解ということではありませんが、フキダシでセリフを入れる場合は、必ず読者に読んでほしいときに、描き文字でセリフを描く場合は読み飛ばされてもいい、くらいの感じでしょうか。

 描き文字は必ずこの書体でこう描かないといけない、という決まりはありません。背景の一部のように使ったり、フキダシの中に入れて使ったり、作家さんも工夫しています。皆さんも自分でいろいろ試してみてください。

〈番外編〉

『なぜセリフは鉛筆で書くのか? 写植とは何か?』
 前回の養成講座の後、こんな質問が寄せられました。初級編からは逸脱しますが、知っておいて損はないので、ちょっとご紹介しましょう。
 フキダシの中のセリフは鉛筆で書きますが、このセリフは専門の業者さんで、専用の文字『写植(写真植字)』にしてもらいます。この写植は裏に糊がついていて、フキダシに貼り付けられるようになっています。フキダシに書かれた文字はきれいに消してから、この写植を貼り付けますが、この時、文字を消しゴムで消すために、鉛筆でセリフを入れておくわけですね。
 またこの写植にはいくつかの種類がありますので、参考までに紹介しましょう。新人コミック大賞に応募する場合、この書体を意識する必要はありません。雑誌に掲載される時に、編集者が適切な書体の写植を選んでくれるからです。「どうしてもこの書体にしたい」場合は、原稿の欄外に鉛筆で「ここはなるべく太い文字で」などと書いておけばいいでしょう。
『タイトルのデザインは誰がやるの?』
 これも余談かもしれませんが、まんがの扉ページにあるタイトル文字もまんが家さんが描いているわけではありません。タイトル文字は専門的な言葉で言うと『ロゴデザイン』といいますが、そのまんがの内容や雰囲気を加味して、デザイナーさんが作ります。皆さんのまんがも入賞して雑誌に掲載される場合は、デザイナーさんが作ってくれます。応募作品の段階では、第1ページの裏に、タイトル名を鉛筆で書いておくだけで大丈夫です。

 さて次回は背景です。背景を描くときの注意点や基礎テクニックについて、ご紹介する予定です。お楽しみに!(10月16日(月)更新予定)
調べたい言葉を入力しよう!
(C) Shogakukan All rights reserved.